院内処方と薬

院内でお薬をおわたしします

当院が採用している後発医薬品(ジェネリック)については、院長が治療をすすめるのに十分効果があると判断しているものに、厳しく限っています。ある種の後発医薬品については、先発医薬品にくらべ効果が乏しいと、多くの医師が感じているものがあります。院外処方の場合、どの後発医薬品を選択するかは薬局の裁量になりますので、治療効果や副作用の解釈が院長にはとても難しく感じます。

眼科ではご高齢や子どもの患者さんが多く、診療も薬をもらうこともいっぺんで済んだ方が楽です。富士宮ごとう眼科では診察終了に、いかに患者さんをお待たせする時間を短くするか、ということに取り組んでおりますので、その点からも院内処方が好ましいと考えております。

点眼や眼軟膏は局所での効果が高く、全身への影響がないものがほとんどです。十分に問診を行ったうえで処方いたします。

特別に院外処方をする場合

小児の飲み薬については院外処方とさせていただいています。