白内障手術

当院は白内障手術を日帰りで行っています。保険診療のみ行っており、自費診療はおこなっていません。

当院の白内障手術の特徴はいくつもありますが、一つだけ挙げれば、乱視矯正技術を手術の中に取り入れていることです。手術侵襲・手術時間・費用のいずれも従来の手術とかわりません。乱視矯正をすると、手術後の裸眼での見え方が大幅に改善します。乱視が中等度以上ある方が対象になり、乱視がもともとないか小さい方は従来のシステムで手術しています。当院の実績では8割の方が乱視矯正の対象になっています。岳南・富士川流域は強い乱視の方が特に多いと感じています。

乱視矯正をする方法ですが、アルコン社ベリオンという手術支援システムを運用し、トーリック人工レンズを移植しています。手術前にレーザー光で精密に眼球形状を測定します。その結果を手術中に、眼球の微動を追跡しながら、術者のみている顕微鏡の映像に正確にバーチャルリアリティーとして投影することで、1度単位でトーリック人工レンズの軸固定および切開創の位置決めを支援します。

当院の人工レンズはすべて単焦点(従来型かトーリックのどちらか)になります。院長の方針で自費での支払いが発生する多焦点レンズの移植は行っていません。最近、マスコミで多焦点レンズを取り上げた記事が多く、どのタイプの眼内レンズを選んだらよいのか迷います、と患者さんがおっしゃる機会が増えました。多焦点レンズの移植後、見え方で苦労する患者さんが報告されています。院長も他眼科で手術された患者さんの相談にのることがあります。どのような目の特徴をもつ方が多焦点レンズをいれたことにより苦労するのか、院長には前もって正確に予測できないため責任がもてないと考えています。院長の尊敬している眼科医は、「プレミアム(高級)ではなくベスト(最高・最良)の眼内レンズ選びのために」という記事を書かれました。若くして白内障手術が必要な方で多焦点レンズの恩恵が大きいと予想される場合、実績のある施設に紹介さしあげています。

当院での白内障手術を希望される場合、まず診察にいらしてください。白内障以外の病気が隠れていないかなど、十分に精査します。医学上の手術適応と患者さんの手術のご希望があれば、手術のための検査・説明の日、そして手術日を予約します。令和2年7月18日現在申し込むと、翌年3月が手術日となっています。解消をめざしているのですが、安全を最優先に考えており、ご不便をおかけしております。車の免許更新が予想される方は早めの来院をお勧めします。両目の手術を希望される方についてですが、まず片方の目を手術して問題がないことを確認してから、1週間か2週間あけて反対目を手術します。同日に両方の目を手術することはありません。

手術は木曜日午後に行っています。術後のチェックのため、翌日(金曜日)、翌々日(土曜日)の朝の診察は必須です。手術後は半年程度は経過観察をします。白内障手術後は少なくとも1年後でも炎症がでていることが証明されています。早く目薬をやめることが良い診療とは考えていません。

手術前の検査、手術日、翌日の検査は、必ず瞳を開きます。ご自身で運転して来院することができません。ご希望の方は送迎しております(富士宮市内、旧富士川町松野地区、南部町、身延町の方に限っています)。手術を申し込まれるときにご相談ください。

患者さんから費用はいくらぐらいかかるのですか、とよく聞かれます。1割負担の場合2万円、2割負担の場合4万円、3割負担の場合6万円を一つの目安と考えてください。今は個々人で、負担額、窓口の上限が違うため、正確な試算をだすことができません。目の個性によって手術時の注射や薬剤等が変わりますので多少前後します。なお、合併症が起きた場合は負担が増加します。