ロービジョン(見えにくい方へ)

見えにくい方へ

 現在の医学では十分な視機能の回復を果たせない眼の状態もあります。現在もっている視機能をいかして、少しでも充実した生活を送りたいという気持ちがある方にとって、ロービジョンケアは大きな援助となります。ロービジョンケアの有効性が高い眼の状態と、難しい状態があります。少しでも興味があれば、試してみることをお勧めします。遮光眼鏡や拡大鏡など、ニーズに十分応えられるだけの準備をしております。

ロービジョンを試したい方へ

 現在の視機能を、医師、視能訓練士、看護師が把握することが第一です。ロービジョンを必要とされている方に高齢の方が増えるに従い、ロービジョンエイドの利用によいアドバイスを得るうえで、看護師の全科的なケアの専門知識がますます重要になってきています。ロービジョンを試すには、まず通常の診察を受け、視野検査を実施させていただきます。その後、視機能にあわせて、拡大鏡、遮光眼鏡、拡大読書器などを一緒に選んでいきます。現在単眼鏡には対応しておりません。患者さん一人一人について、当院の医師、視能訓練士、看護師でミーティングを行い、方向を討論していきます。

遮光眼鏡


サブページ (1): 遮光眼鏡