見えにくいのは加齢黄斑変性のためでまちがえないでしょうか

まず加齢黄斑変性が確定診断されることです。逆の言いかたをすれば、加齢黄斑変性に似ているけれども、ずっと罹患者が少ないが進行が急速な病気を見分けてもらっているかどうかです。例えば網膜色素線条という病気があります。この疾患に脈絡膜新生血管ができると、初期に濃密な治療に入らないと、ある段階から急速に視機能が失われていきます。

なお、加齢黄斑変性に緑内障が合併している患者さんをときどき見かけます。緑内障は初期は自覚症状に反映されづらく、さらに加齢黄斑変性が合併していると症状を訴えても聞き逃されることがないわけではなく、結果的に緑内障のために周辺視野も損なってしまう方がいらっしゃいます。当院では毎回の受診で、つねに緑内障の合併の可能性を念頭において診察しています。

加齢黄斑変性の治療で気をつけたいこと リストに戻る