加齢黄斑変性とはどんな病気ですか

加齢黄斑変性は主に50歳以上の方がかかる網脈絡膜の病気です。

平均年齢が72歳程度で、50歳代でかかる方はかなり少ないです。40歳代の加齢黄斑変性は極めてまれです。50歳前半より若く加齢黄斑変性の診断を受けた場合、似ているが別の病気の可能性をまず考えるべきで、黄斑疾患の専門的な施設の受診をお勧めします。

加齢黄斑変性は先進国における法的失明の第1位の病気で、米国では糖尿病網膜症による失明と緑内障による失明をあわせたより、さらに多い方が視機能を失っている病気です。日本では1,000人に1人程度とされていましたが、患者さんが増えているという印象があります。一方、米国では加齢黄斑変性は減り始めています。

加齢黄斑変性は、大きく分けて二つの最終型があります。一つが滲出型加齢黄斑変性、もう一つが萎縮型加齢黄斑変性です。最近は一つの目に両方の成分が混在していることが増えてきている印象があります。いずれも、多くの場合は数年間かけて読字が困難な視力に至ります。滲出型加齢黄斑変性に対しては抗VEGF薬(アイリーア、ルセンティス、マクジェン)、光線力学療法(ビスダイン)、光凝固術などの治療方法が開発されてきました。萎縮型加齢黄斑変性については欧米では治験が行われていますが上梓されている薬はありません。日本では15年ほど前には萎縮型加齢黄斑変性はきわめて稀でしたが、最近急激に増加しています。

ドックなどで加齢黄斑症という診断を受ける方がいます。加齢黄斑症は日本人の30~60%にみられるドルーゼンとよばれる網脈絡膜への沈着物を主体とした状況で、加齢黄斑変性の前駆病変と考えられてはいますが、それだけ多くの方があてはまるもので、大きく心配するものではありません。

加齢黄斑変性にもどる